一宮幼稚園の8月の園庭開放に行ってきました

うちの2歳児の幼稚園探し、第4弾は「一宮幼稚園」です。

私が知る限り、一宮市で唯一、

「朝早くから並んで願書を提出しないと入園出来ないよ!」

と聞く、大人気らしい幼稚園。

「一体、何がそこまで人気なんだろう?」

と、ずっと疑問に思っていたので、先日、園庭開放に初参加してきました。

修文大学附属 一宮幼稚園

一宮幼稚園

【住所】
〒491-0938
愛知県一宮市日光町6番地

【TEL】
0586-45-2103

【駐車場】
・幼稚園の西側と東側
・幼稚園横の川沿いの道路に駐車する事も可
・修文女子高校前の駐車場も可

【開園】
昭和30年4月1日

【園庭開放】
月に1度、土曜日
日程は幼稚園ホームページで確認できます

【平成31年度 入園受付】
入園説明会 9月8日(土)10:00~

【一宮幼稚園ホームページ】
http://www.ichinomiya.ac.jp/y-itinomiya/

教育方針

幼児はみな無限の可能性を持っています。
幼稚園での生活を通して、自分から興味・関心を持って 環境にかかわることによって、様々な活動を展開します。
「育てる」ことは教えこむことではなく、 幼児の「心の芽」を伸ばそうとすることであると考えます。

引用元:一宮幼稚園

口コミをチェック

ネット上の口コミは多かったのですが、2014年くらいのものしかなく、最新ではないのでご注意を!

◎市内で一番園庭が広い!
◎耐震工事済み
◎制服が「トリイユキ」デザイン
◎あいさつ教育がしっかりとしている
◎運動会は附属高校や大学の体育館で行う

△先生の数が必要最低限
△早期教育、運動指導が少ない
△給食費が高い(1食350円×日数分)

園庭開放の様子

予約が不要なのにも関わらず、園内に入るときちんと受付があり、そこに先生がいて、子どもの名札を用意してくれています。

私達は初参加だったので、そこで幼稚園のパンフレットも頂くことが出来たのがありがたかったです。

私が行った8月の園庭開放では、園庭にプールが用意されていて水遊びが出来たり、教室ではペンやハサミを使った工作が出来たり、遊戯室で自由に遊んだりできました。

一宮幼稚園

とても暑い日だったので、私たちはお外遊びはやめて教室での工作を選んだのですが、そこには附属大学の生徒さんらしき人たちもいて、先生のように作り方を教えてくれて、息子は勿論、親まで楽しめました。

今まで行ったことのある他の園の園庭開放は平日ばかりだったにも関わらず、一宮幼稚園は土曜日に行われるので、なぜだろうと思っていたのですが、これは参加人数が多いからかもしれません。

8月の園庭開放には、かなりの数の親子が参加していました。

駐車場

今まで見学に行ったどの幼稚園よりも広い駐車場が用意されていました。

駅から遠くない好立地なのに、これだけ確保できるのは、やはり附属の幼稚園だからなのかな?

幼稚園でのイベント時にも安心出来る広さでした。

おわりに

私が感じた、一宮幼稚園の一番の魅力は、何よりも駐車場の広さです。

附属の力ってスゴイね!

教育面に関しては、口コミでしか分からないものの「そこまで力を入れていない」というのが意外な気もしました。

これは親によって、メリットと考える方もいればデメリットと考える方もいそうです。

私は・・・どうかなあ・・・?

後は、給食費についても、確かに、少しお高い気がする・・・!

1食350円・・・。

でも園庭開放に関してはとても楽しかったので、もう一度参加したいと思っています。

入園説明会も気になる・・・!