いちの 一宮市末広にオープンした和菓子屋さん

  

「今日のおやつはどら焼きにしようと思うんだけど、どう思う?」

そんな、答えが「イエス」しかない質問を夫に投げかけつつ、一宮市末広に新しくオープンした和菓子屋さんに行ってきました。

新しく・・・といっても、半年前ですけど。

わ、私の中で、半年前は新しい・・・!


和菓子 いちの

いちの

【住所】
〒491-0918
愛知県一宮市末広1-10-1

【TEL】
0586-83-1257

【営業時間】
9:00〜(売り切れ次第終了)

【駐車場】
あり(4台)

【イートイン】
あり

【定休日】
火曜日

【オープン日】
2018年2月3日

【和菓子いちの ホームページ】
https://wagashi-ichino.jp/

お店の場所と駐車場

「和菓子いちの」の場所については、お店のホームページの下の方に丁寧な地図が載っています。

私たちもそれを参考にして向かったら問題なく辿り付けました。

久しぶりにナビ要らず!

地図の通りに進んでいくとちょっとした住宅街の中に入る事になるのですが、お店に近付くにつれて、看板や電柱の案内が周りに増えていくので、不安になる事もなかったよ。

駐車場は、お店の前に4台分。

お店自体が新しいのもあって、駐車場もきれいに整備されていて止めやすかったです。

ただ、「いちの」の周りは一方通行の道が多いので、お店に向かう時や、お店の駐車場から出る時にも方向を間違えないように注意してね。

店内の様子

いちの

半年前にオープンしたばかりとあって、店内もまだまだきれい。

どら焼き、カステラ、わらび餅、鬼まんじゅう、などなど。一通り揃っていました。

レジ横のショーケースの陳列もスタイリッシュで素敵。
いちの

お店の奥にはテーブル席の喫茶スペースもあって、今の季節はかき氷が美味しそう!
いちの

いちじく、絶対美味しいやつだこれ・・・

お店のホームページにもあるように「いちの」は三代目店主の和菓子屋さん。

この三代目店主さんのセンスなのか、こちらの和菓子屋さん、和モダンの取り入れ方がとっても上手で、店内外のあちこちにバランス良くグリーンが添えてあったり、お店のロゴも一見シンプルなのにきちんと上品だったりと・・・

なんか、おしゃれで、可愛いんですよね・・・!

和菓子屋さんなんだけど、なんでもない日にふらりと来て、2、3個、その日お家で食べる分だけのおやつを買いに行きたくなるような・・・そんな優しい雰囲気のお店でした。

実際に買ったもの

いちの
「極み重ね」どら焼き 160円

お盆のお供え用に箱詰めで買ったどら焼きなのですが、ふわふわっとしてて美味しかった~

私は餡子は断然つぶ餡派なのでこれを選んだけど、勿論他には こし餡もあるし、くり、抹茶、さつま芋のどら焼きもありました。

お好みで、お好きなのをどうぞ~

ちなみに、お供え用ということを店主さんにお伝えしたら、

「風呂敷包みも無料で出来ますよ」

との事だったので、そちらでお願いしました。

いちの

熨斗のサービスは定番だけど、風呂敷包みまで無料っていうのは私は初体験で嬉しかったです。

和菓子の品格も上がる感じがして素敵。

おわりに

「いちの」は、思っていたよりもスタイリッシュでデザイン性が高い、素敵な和菓子やさんでした。

オープンからもう半年も経つのに、お店の中に入るとまだまだ木の香りもして、それだけで幸せな気持ちになれます。

私も、今度は大福系を買いに行こうかな。

それか・・・お団子!