一宮市の和菓子屋さん

尾西金蝶堂で栗きんとん&わらび餅|秋はやっぱり栗が好き

秋なので
栗きんとんが
食べたいの
(五七五)

そんなわけで今年も買いに行ってきました。
おいしい栗きんとん。

今年は尾西金蝶堂さんに初めて行ってみたよー

尾西金蝶堂のおいしい栗きんとん

尾西金蝶堂は、一宮大垣線の道沿いに、わかりやすく、どどーん!とありました。

尾西金蝶堂 栗きんとん

縦長で大きな建物なので遠くからでも見つけやすいし、

尾西金蝶堂 栗きんとん

駐車場も結構目立つので、初めてでも迷うことはなかったです。

お店の中に入って…

早速、栗きんとん、みっけ!

尾西金蝶堂 栗きんとん

何個買おうか迷ったけれど…

この日はバラで3個、購入。

尾西金蝶堂 栗きんとん

お菓子やさんあるあるなんだけど、箱に入ってると箱のお値段もかかっちゃうから、たくさん買えば買うほどお得っていうわけでもないので注意してね。

おうちおやつ用ならバラでも全然オッケーなのです。

尾西金蝶堂 栗きんとん
栗きんとん 1個240円(税込)

この、栗きんとんの包みをとめてある、木?竹?の、この、はさむやつ、素敵ですね。
(語彙力よ)

そして美しい栗きんとん。

尾西金蝶堂 栗きんとん

これこれ。

栗きんとんのこのフォルムが大好きなんです。

キュッと絞られてて、だけどどこか、ぽってりとしていて。

口の中に入れると、ほろほろとほどけてゆく感じもたまらない…。

尾西金蝶堂さんの栗きんとんは、しっとりしつつ、ホクホク感もあって。

これぞ、秋の味覚ですなぁ…。

この日は、おやつに1個だけ食べるつもりが…

おいしくて、口と手がとまらなくて、つい、2個、一気に食べてしまったのですが。

これぞ、秋の醍醐味ですなぁ…。ということで、何でも許されることにしておきます。

本がえしわらび餅と純生ロールケーキも一緒にお買い上げ

せっかくなので、栗きんとん以外にも何か買おうかな~と思って、お店の中を見ていたら…

尾西金蝶堂

あら、ケーキも売ってた。

尾西金蝶堂
尾西金蝶堂 ケーキ
尾西金蝶堂 ケーキ

なるほど~
冷凍での販売って、考えたね。

尾西金蝶堂 ロールケーキ

ふんわりとしていておいしそうだったので、この『純生ロールケーキ』と、

こっちの『本がえしわらび餅』をお買い上げしました。

尾西金蝶堂 わらび餅

わらび餅は、家で開けてみると、思っていたよりもきな粉がたっぷりと入っていて、このまま食べたらきな粉がテーブルにふわふわと舞い散りそうだったので、一旦、お皿に出してみたのですが…

尾西金蝶堂 わらび餅

お皿に出してみたら、今度は入ってたわらび餅の量にびっくり。

尾西金蝶堂 わらび餅

見ため以上にたっぷりと入ってたー!

うれしーい!

しかも、食べるとやわらかとろんとろんで、舌の上でとろけて、これまたおいしいの。

優しい甘さの和三盆と、サラサラ上品なきな粉がめちゃ合う~

とろんとろん、パクパクと、おいしくいただきました。

純生ロールケーキの方も、

尾西金蝶堂 ロールケーキ

大きい!(高さ!)

尾西金蝶堂 ロールケーキ

日持ちも、これだけ長めにあると嬉しいね。

尾西金蝶堂 ロールケーキ

そして美しいうずまき~

尾西金蝶堂 ロールケーキ

これ、たまごがしっかりと感じられる生地で、ふわふわっていうよりも、みっちり、っていう感じの生地で、なんだか懐かしい味もするケーキでした。

原材料を見てみたら、こっちにも和三盆が使われているみたいで、なるほど、贅沢なロールケーキです。

ケーキ屋さんのケーキって、時代とともにだんだんと小さくなってきてるけど、和菓子屋さんのケーキは昔の大きさそのままで作られてるものがまだまだ多くて、なんだかほんのりと嬉しい気持ちになります。

今回もあれこれ買ったので、数日にわけて、おやつにおいしくいただきました。

和菓子屋さんめぐりって楽しいです!

尾西金蝶堂の感謝祭のお知らせ(11月3日~6日)

今回お買い物に行った時に、お店の方にもらったチラシをシェアしておきます。

尾西金蝶堂 感謝祭

『ハガキ』に関してはよくわからないのですが(常連さんだけ届くのかな?)、

栗きんとんは確実にお得価格です。

簡易包装になるみたいだけど、いいよいいよ全然!

お家用なら簡易でいいの!
おいしければそれでいいの!

『金蝶堂』っていう名前のお店はいくつあるの?

さて。

ここからは、おまけのお話です。

今回、わたしが尾西金蝶堂に行ってみたのは、三岸節子記念美術館で、尾西金蝶堂さんのお店を知ったから。なのですが↓↓

その時に、『金蝶堂』っていう名前のお店は結構あちこちにある。ということも、知りました。

(もしかしてこれ愛知県では常識なの?)

一宮市だけで3店舗

  • 尾西金蝶堂
  • 金蝶堂本町
  • 千秋金蝶堂

岐阜県にはもっとたくさん店舗があって、名古屋の方にもちょっとだけ。

これ、調べてみたら、同じお店なんじゃなくて、多分、暖簾分け、っていうことなんです…よね?(合ってる?)

もともとの本店が、岐阜県大垣市にあった『金蝶堂総本店』で、
(2019年に閉店)

そこから暖簾分けしたお店が『金蝶堂』の名前をもらって、岐阜と愛知に広がっていって、それぞれが今も営業しているということなのかな。

『金蝶堂』の名は付いていても、暖簾分けされたそれぞれのお店なので、販売されるお菓子はお店ごとに違っていて、

それでも、総本店で生まれた『金蝶饅頭』だけは、天皇陛下にも献上されたことのある金蝶堂の看板商品であるため、『金蝶堂』の全店舗で売られている。

というまとめでよろしいかしら。

「金蝶堂に行ったら金蝶饅頭」らしいですよ、みなさん。

わたしはそんなに有名な金蝶饅頭を買わずに、呑気にロールケーキとか買ってたわけですけど。

おいしかったので結果オーライです。

スポンサーリンク

店舗情報|尾西金蝶堂

住所|愛知県一宮市小信中島字郷北13-3
TEL|0586-62-4327
営業時間|8:00~18:00
定休日|火曜日
駐車場|あり
喫茶スペース|なし
@kinchodo_bisai

去年はふくら庵の栗きんとんをいただきました↓↓

そのほかの一宮市の和菓子屋さんめぐりはこちらから↓↓

愛知県一宮市在住
ななこ
ななこ
おいしいものとのんびりと株式投資と読書が好きです。コロナ禍でおひとりさまの才能が開花しまくっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 + 5 =