中川ひろたかさんの絵本 かえってきたカエル

これも息子が好きな中川ひろたかさんの絵本。

可愛いカエルの絵本・・・と思いきや、うちの2歳児のお気に入りポイントはそこではないのです(笑)


かえってきたカエル

この、とぼけた顔のカエルの表紙もピーマン村の絵本っぽいんですよね。

シンプルだけどほっこりします。

かえってきたカエル あらすじ

いつも仲良しな園児と先生の、梅雨の季節のお話。

先生が道でふと見つけた小さなカエルを、園で飼おうと捕まえてきます。

だけど・・・

「カエルって何を食べるの?」

「カエルのごはんって何だろう?」

そんな流れから、

「みんなで、カエルのごはんをお外に探しに行こう!」

と、雨の日のお散歩に出かけます。

ところが、みんながお出かけしている間に、園長先生がカエルを逃してしまって・・・!

「あれ?カエル、いなくなってるよ?」

園児たちは、カエルを頑張って探すのですが・・・

お気に入りポイント

この、カエルを探すという流れは、

「きんぎょがにげた」

に似ている部分もあります。

※きんぎょがにげた も名作絵本ですよね
レビュー(感想)の件数がモンスター級!

「かえってきたカエル」は、逃げてしまったカエルをページの中から探す楽しみも勿論あるのですが、うちの2歳児が注目したのは実はそこではなかったのです。

この絵本、実はどこかに、

「さつまのおいも」

が隠れているんですよ。

うちの2歳児も、世の中の2歳児たちも大好きな「さつまのおいも」

これを探す方が、息子は楽しそうでした(笑)

ほら。ね。こっそりと・・・。
中川ひろたか

おわりに

この絵本の魅力は、少し変わったポイントですが「さつまのおいも」探しにもあるんです。

なので、まずはさつまのおいもを読んでから、次に読む絵本としておすすめしたい1冊になります。

「自分の知っている絵本が、今読んでいる絵本の中にもある!」

という、2歳児なりの小さな発見を、是非子供と一緒に楽しんでみてください。

【こっちの記事も役に立つかも】