長く遊べるおもちゃ くるくるチャイムは2歳児も遊びます

【僭越ながら息子の記録:2歳4ヶ月】

こんにちは、みみ子です。

くるくるチャイム は何歳から使える?

そして、何歳まで遊べる?

そんな疑問に、2歳4ヶ月児の母親が答えます。


くるくるチャイム

「くもん」から出ているこのおもちゃ「くるくるチャイム」 は、上の穴からボールを入れて、中でくるくると回りながら、最後は下から出てくる、というものすごくシンプルなものです。

対象年齢は 10ヶ月以上 となっており、うちの2歳児も1歳の頃から大好きですが、今でも思い出しては繰り返し遊んでいます。

大人から見るとシンプルな仕組みのおもちゃなのですが、子供からしたら、

  1. ボールを手に持つ
  2. そのボールを上の入口に持っていく
  3. 入口で手を放して、ボールを落とす

と、これだけの動作を求められるので、1歳の子からしたら、ものすごく、頭を使うおもちゃなんです。

私も自分が母親になって初めて知ったのですが、

「握ったものをはなす」

これだけのことが、赤ちゃんの頃にはわからないんです。

なので、赤ちゃんにお菓子を渡してあげても、にぎりつぶしてしまって上手に食べられなかったりするんです。

うちの2歳児もまさにそんなかんじだったのですが、「離す」がわからなかった頃にこのおもちゃと出会い、段々と理解していったように思います。

使い方の動画はこちらから

何歳まで遊べる?

このおもちゃに出会ったばかりの1歳の頃は、

「ここにボールを入れると、下からでてくる!おもしろい!」

と分かった事で、それはもう夢中になって、延々と繰り返し遊んでいましたが。

2歳になった今でも、もうすっかり仕組みが分かっているにも関わらず、やっぱりこのおもちゃが好きみたいです。

今では純粋に

「おもしろい!」

の要素ではなく、

「不思議だな」

と言う目でボールの動きを追っています。

2歳になったことで、1歳の頃よりも考える力も付いてきて、尚且つ、このおもちゃで繰り返し遊んだ事で、集中力がめちゃくちゃ付いてきています。

何かに夢中になった時のうちの2歳児の集中力は、それはもう、スゴイ!の一言です。

10ヶ月から、2歳4ヶ月になった今でも楽しめる「くるくるチャイム」は、まだしばらくは息子のお気に入りとして君臨しそうです。

トンころガッタンもおすすめ

こちらはくるくるチャイムよりも対象年齢が上で、2歳以上 のおもちゃになっているのですが、これもうちの2歳児はめちゃくちゃ大好きです!!

なぜか、くるくるチャイムばかりに注目が集まっていて、こちらを知っている人は少ないように感じるのですが、くるくるチャイムが好きな子なら、トンころガッタンは絶対に好きなはず!!

くるくるチャイムと違うところは、上の穴から入れたボールが、一旦ししおどしにとどまるところ です。

くるくるチャイムの仕組みを知っている息子も、初めてこちらで遊んだ時に、

「あれ?なんで出てこないの?」

と不思議な顔をしていました。

ししおどしにボールが3個たまると、その重みの反動でししおどしが動いて、ボールが下に落ちていくのですが、この、

「あれ?まだかな?」

「まだ出てこない・・・まだかな?」

「あ!出てきた!」

の、わくわく感がたまらないといった感じです。

使い方動画はこちらからどうぞ

おまけとしてご紹介するには勿体ないくらい楽しく面白い、トンころガッタン。

くるくるチャイムやピタゴラスイッチが好きなお子さんなら、はまる自信があります、かなり!

おわりに

せっかく買うのなら、長く遊べるおもちゃがいい!と思うのは当然の事です。

私も心底そう思います。

ですので、また機会を作って、うちの2歳児が長く長く愛用しているものをまとめてみたいと思います。