一宮で子連れランチ ポコアポコに行ってきたよ

「一宮市のキッズカフェと言えばここ!!」

って言うくらいに、有名なお店がここ、『ポコアポコ』

私も、息子が赤ちゃんの頃から何度か利用させてもらっています。

つい先日もお友達とランチをしたのですが、
「あら?数ヶ月行ってない間に、あれこれ変わったね?」
というちょっとした変化もあったので、今回はレポがてら新しくなったランチの口コミをしてみようと思います。


ポコアポコ(Poco a Poco)

ポコアポコ
【住所】
〒491-0871
愛知県一宮市浅野字馬東11-2

【TEL】
0586-27-5722

【営業時間】
11:00〜18:00

【定休日】
なし

【駐車場】
20台

【キッズスペース】
店内の全スペースがキッズスペースです。広いよー!!

【ポコアポコ ホームページ】
http://pocoapoco.gremon.jp/

【ポコアポコ Facebook】
https://ja-jp.facebook.com/kidscafe.pocoapoco/

ポコアポコの店名の由来

Poco a Pocoとは、音楽用語で「少しずつ」という意味。

イタリア語でもあり、スペイン語でもある「Poco a Poco」

「少しずつ」
「一歩ずつ」
「ゆっくりと」

子育て中のママたちをそっと応援してくれるような、優しい気持ちがこもった店名なのかもしれません。

ポコアポコの駐車場

ポコアポコの駐車場は、お店の前と横のスペースに前から多めにあったのですが、止めていい場所と止めてはいけない場所があって、正直、少し分かりにくかったんですよね。

それが、今回行った時には改善されていました!


画像引用元:Poco a Poco

分かりやすい!
止めやすい!
ありがとう~!

ポコアポコの店内の様子

ポコアポコは入口でまず靴を脱いでから入る、全スペースがフラットなつくりになっているお店です。

なので、赤ちゃんから乳児、幼児まで、どんな月齢、年齢の子供とも一緒に行けちゃいます。

床にはクッション素材のマットが敷いてあるので、わんぱくな子供が多少バタバタと暴れても大丈夫。

子供用のおもちゃも数多く置いてはありますが、電池切れのものや、ところどころ壊れているおもちゃも混じっているので、充実している!とまでは言えないかな?と思う部分もあり・・・
何かお気に入りのおもちゃがあれば、家から持っていった方がいいかもしれません。

ポコアポコの店内は子供たちの元気な声が多くにぎやかなお店なので、

●音の出るおもちゃ
●音の出る絵本

なんかも好きなだけ使えるというメリットがあります。
折角なので、そのあたりのメリットは最大限に利用しちゃってください。

他のお店では、ポコアポコほど堂々と、にぎやかな音が出るおもちゃはさすがに持っていけないので。(静かなお店だと迷惑になっちゃうもんね)

ポコアポコのメニュー

ポコアポコには、

●大人のご飯も
●子供用のご飯も
●赤ちゃん用の離乳食まで

用意があります。

本当に、0歳からでも連れていけるありがたいお店です。

詳しいメニューはお店のホームページに載っていますが、今回私が注文したのは

タコライス¥1,200
ポコアポコ

ポコアポコは盛り付けがきれいで、ほぼメニュー写真の通りに出てくるのが嬉しい。

ただ・・・ホームページのメニューには記載がなかったのですが、ランチにスープが付かなくなっていました。残念!

※メニューの変更点

  1. ランチにスープは付かない
  2. ランチのセットドリンクもなし
  3. 飲み物は、大人も子供もドリンクバーのみ(2歳以下は無料)

ホームページの情報は更新されていないのですが、こんな感じに変更になっています。

ポコアポコに来るママたちって、ランチを食べた後もそのままのんびりと長居する人が多いから、このドリンクバーの導入に関しては、なるほど~って思ったよ。
その方が店員さんも楽だし、ママ達ものんびり出来るよね。

ポコアポコ まとめ

  • 駐車場の車をとめていい場所が変わりました
  • おもちゃはお気に入りのものを家から持って行くと安心!
  • ランチはスープが付かなくなったよ
  • ドリンクはドリンクバーのみ

ランチにスープが付かなくなったり、ドリンクバーをプラスする事を考えると、お値段的には前よりも少しお高くなった印象も受けますが、これはもともとキッズカフェとしての場所代もあるからね、とも思います。
ポコアポコは居心地がいいので、私も毎回長居しちゃってるし(今回は3時間滞在)

子連れには色々と至れり尽くせりのお店なので、キッズカフェデビューとしても向いているお店ですよ!