名古屋

ピエールプレシュウズ本店(覚王山)のモンブラン2種類を食べ比べ

 

名古屋のパティスリー「ピエールプレシュウズ」で、おいしいおいしいおいしいモンブランを買ってきたよー!

 

今日は、わたしが大好きな名古屋のケーキ屋さん「ピエールプレシュウズ」のご紹介。

とても有名なパティスリーなので、今さらわたしが張り切って紹介することもないとも思うのですが・・・

実はここのモンブランが・・・

アンジェリーナのモンブランと、似ていて・・・!

急に名古屋から撤退してしまった、アンジェリーナのモンブラン・・・。

今となっては、なかなか食べれないアンジェリーナのモンブランに、寂しい思いをしている人もいるかもしれない・・・。

そんな方たちのお役に立てるといいな・・・という思いもあり、今日は紹介してみることにしました。

※「似ている」っていうのはあくまでもわたしの印象であって、どちらが良いとか悪いとか、真似っこなの?とかのお話ではないので、そこのところはご了承ください。

アンジェリーナ モンブラン
アンジェリーナのモンブラン|値段とメニュー・限定モンブランまとめ 美味しいモンブランのお店「アンジェリーナ」は、公式サイトがないので、値段やメニューの詳細が分かりにくいという少し...

ピエールプレシュウズ本店(覚王山)の店内の様子

覚王山にあるピエールプレシュウズ本店は、高級感のある素敵な雰囲気のパティスリー。

お店の中に入るとまず、きれいなケーキが並んだショーケースがあって、その奥にカフェスペースがあります。

ピエールプレシュウズ 覚王山 ピエールプレシュウズ 本店 覚王山

 

 

お店の前には大きめの駐車場が用意されているので、車で行っても大丈夫。

ピエールプレシュウズ 本店 覚王山

 

ピエールプレシュウズ本店(覚王山)のモンブラン

ピエールプレシュウズにはモンブランが2種類あって、テイクアクトもOKの一般的な「モンブラン」と、カフェスペース限定で食べることの出来る「モンブラン・ブリュレ」があります。

わたしが「アンジェリーナのモンブランに似てる!」と思うのは、一般的な「モンブラン」の方なのですが、今回は偶然カフェスペースが空いていたので、カフェ限定の「モンブラン・ブリュレ」も食べてみたところ・・・こっちもおいしい!

せっかくなので、それぞれのおいしいところを比べながら、紹介してみようと思います。

ピエールプレシュウズ本店(覚王山)のモンブラン2種類を食べ比べ

ピエールプレシュウズの「モンブラン」

ピエールプレシュウズのモンブランはこんな見た目。

【モンブラン 500円+税】
ピエールプレシュウズ モンブラン

わたしはもう見慣れてしまっているので何も違和感はないけれど、モンブランでこんなかたちは珍しいのかな。

ピエールプレシュウズ モンブラン

外側がフランス産のマロンクリームで、洋酒の香りもフワッと感じます。

ピエールプレシュウズ モンブラン

中にはマスカルポーネ入りのたっぷりの生クリームと、少しのクレームブリュレ、それからあまい栗がひとつ。

ピエールプレシュウズ モンブラン

写真だと見えにくいけど、底の部分には薄いクッキー生地。

 

これがね、とってもとってもおいしいの!

ピエールプレシュウズのケーキはどれも間違いなくおいしいんだけど、その中でもこのモンブランはお店の人気No.1のケーキで、特に人気があるケーキ。

 

とってもとってもおいしいモンブランだけど・・・

ぱっと見だけだと、アンジェリーナのモンブランと似てる感じはしないですよね。

でも、一口食べてみると、「あれ?」と思うはず。(多分)

なんか・・・なんか似てるんですよ。

マロンクリームの甘さの感じも似ているし、中の生クリームのやさしくてやわらかい甘みとか、それぞれの組み合わせの感じも似てる。

この、いろんなところが少しずつ共通する、おいしいモンブランの感じを、ぜひとも楽しんでほしい・・・!

どっちが真似っことか、どっちの方がよりおいしいとかではなくて(どっちもおいしいよ!)、おいしいモンブランを追求していったら、ピエールプレシュウズもアンジェリーナも、この味に仕上がった、というだけだと思っています。

 

個人的には、アンジェリーナのモンブランの暴力的な甘さ(笑)を、洗練された上品なモンブランに美しく仕上げてくれたのがピエールプレシュウズのモンブランっていう感じ。

東海地方のアンジェリーナ難民さんは、ピエールプレシュウズのこのおいしいモンブランを一度食べてみてー!

 

ピエールプレシュウズの「モンブラン・ブリュレ」

続いて、こちらがカフェスペース限定で食べることのできる「モンブラン・ブリュレ」

【モンブラン・ブリュレ+アイスコーヒー 1,350円+税】
ピエールプレシュウズ モンブランブリュレ

モンブラン・ブリュレは初めて食べたけど、こっちはこっちで全然違っておいしい!

「モンブラン」は口当たりが洋菓子的な、まさにケーキっていう感じなんだけど、「モンブラン・ブリュレ」の方は栗きんとん的な、和風の、ほくほく、ホロホロした甘さ。

本当にぜんぜん違う!

ピエールプレシュウズのカフェ限定のデザートは、注文を受けてからひとつひとつ作ってくれて、作りたてを提供してくれるので、その丁寧なお仕事がこのほくほく、ホロホロした甘さを引き出しているのかも。

それに加えて「モンブラン」の方はフランス産のマロンクリームを使っているのに対して、「モンブラン・ブリュレ」は愛媛県の栗を使って、焼きモンブランとして出してくれるので、このあたりにも味の違いが出てくるのかな。

ピエールプレシュウズ 覚王山 モンブランブリュレ

 

 

ケーキの見た目や断面の感じだけで言うと、アンジェリーのモンブランっぽいのはモンブラン・ブリュレの方なのに・・・

ピエールプレシュウズ モンブランブリュレ

味はほくほくの栗きんとんです。
(褒め言葉です)

 

焼きモンブランにすることによって、上部に少しだけ焼き目も付いて、この部分もほろ苦い香ばしさで食感のアクセントにもなって、計算されすぎていて驚きます。

ピエールプレシュウズ モンブランブリュレ

 

ピエールプレシュウズのモンブランといえば、ずっと「モンブラン」だと思っていたけれど・・・

「モンブラン・ブリュレ」の方も、おどろくほどクオリティが高くて・・・

もうっ、やっぱり、ピエールプレシュウズのケーキはどれもおいしいっ・・・!

 

おまけ

アイスコーヒーも、コーヒーを凍らせた氷が入っていたので、時間がたっても薄くならずに最後までおいしくいただけました。

ピエールプレシュウズ 覚王山

ごちそうさまでした!

 

ピエールプレシュウズ本店(覚王山)に行くときは予約がおすすめです

今回、わたしは平日の昼間に行ったので、のんびりとカフェスペースの利用ができたし、お目当てのモンブランも買えたのですが。

土日のピエールプレシュウズは戦場です。

カフェスペースの待ちは当たり前。

ケーキの売り切れは当たり前。

名古屋の中でも、大人気のパティスリーなのです。

なので、行く前には、予約を心からおすすめします。

 

カフェスペースの席の予約は出来ないので、ここだけは朝一に頑張って行くしかないのですが、

お持ち帰りのケーキは予約が出来るので、電話で予約をしてから買いに行ったほうが絶対に良いです。

油断せずに、おいしいケーキを買いに行ってね!

 

参考までに↓↓

ピエールプレシュウズ
ピエールプレシュウズはケーキの予約ができるのでお取り置きがおすすめです ケーキがとってもおいしいピエールプレシュウズ。 だけどいつ行っても混んでいて、売り切れ続出なピエールプレシュウズ。...

 

スポンサーリンク

ピエールプレシュウズ本店(覚王山)の店舗情報

ピエールプレシュウズ 本店 覚王山
住所 愛知県名古屋市千種区丸山町3-83 メナージュ マルヤマ1F
電話番号 052-753-0070
営業時間 10:00~18:00
定休日 月曜日(祝日の場合は営業)
駐車場 あり
クレジットカード 不可
公式サイト PATISSERIE PIERRE PRECIEUSE
Instagram @patisseriepierreprecieuse

 

 

もうひとつおまけ

ピエールプレシュウズは覚王山にあるお店が本店で、伏見にももう一店舗あります。

 

以前は、

  • 長久手にあったお店が1号店で本店
  • 覚王山が2号店
  • 伏見が3号店

っていう流れだったはずなんだけど、長久手の本店が諸事情により閉店してしまったので、覚王山が本店に変わったというわけです。

お店の場所は変わっても、これからもおいしいケーキを食べに行くよー

 

覚王山といえば、覚王山フルーツ大福の「弁才天」もとても有名。

弁才天 一宮
弁才天(フルーツ大福)の一宮駅前店がオープンしたので行ってきたよ インスタでは前からかなり話題だったけれど、実際に買って、半分に切って、食べてみて、その人気の理由がわかりました。 ...
愛知県一宮市在住
mimi
おいしいものとのんびりと株主優待投資が好き。最近のお気に入りはVoicy。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + seventeen =