パプリカ 米津玄師プロデュースの曲に親子ではまる

こんにちは、みみ子です。

「Eテレ大好き!」

「みんなのうた大好き!」

な、うちの2歳児と、いつものように観ていたEテレで、ある日流れた「パプリカ」という曲。

一番最初に見たのは、ほんの数十秒にカットされたバージョンの「パプリカ」だったのですが。

その数日後からフルバージョンも流れるようになり、段々と、段々と・・・

「この曲いいね!はまる!」

どっぷりと、親子でお気に入りになってしまいました。


NHK2020応援ソング

Eテレのみんなのうたで流れている時にも表示が出ていたのですが、「パプリカ」はNHKの2020応援ソングのようです。

そしてこのプロジェクトは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に「東京2020公認プログラム」として認識されています。

なので、NHKさんが堂々とYouTubeにも上げてくれています。→

これで見放題!嬉しー!

でも・・・「みんなのうた」で流れるMVとは微妙に違うんですよね、こっちのは。

なんでだろう?

YouTubeにUPされてる方はノーカットのMVだけど、「みんなのうた」で流れる方は、ノーカットの方と少しずつ編集がなされてる感じの2パターンがあって、私は後者の方が好き。

見分け方は、

  • MVの始まりが5人スタートの方がノーカットの方
  • MVの始まりが2人スタートの方が編集されてる方

歌の最後に、5人の子どもたちが集まってポーズをとるところがあるのですが、その時、2人スタートの方は最後に女の子が男の子の手をギュッと握るシーンがあって、そこがもう、大好き!

あのギュッはアドリブなのか演出なのか・・・微妙なところなんだけど、アドリブだったら可愛すぎる・・・可愛すぎて震える・・・!

2018/11追記

米津玄師

「パプリカ」の作詞・作曲・プロデュースは米津 玄師(よねづ けんし)さんでした。

げんし、じゃなくて、けんし。

名前だけは知っていたのですが、こんな素敵な歌を作る人だったんですね。

「子どもを舐めないところから始める」

この言葉に、おお、と思いました。

米津玄師『REISSUE RECORDS』

Foorin(フーリン)

Foorinのメンバーは全員が小学生で、米津玄師さんがオーディションで選んだ5人だそう。

命名も米津玄師さん。
由来は、5人が歌い踊る様子を「風鈴(ふうりん)」に見立てたところから。

【メインボーカル】
ひゅうが(小6)
もえの (小5)

【コーラス&ダンス】
たける(小6)
りりこ(小3)
ちせ (小2)

私が好きなMVの、手をギュッと握るシーンは、ひゅうがくんともえのちゃんの事です。

今のところは「みんなのうた」でしか見れない貴重で可愛いシーンなので、今では放送予定をチェックしてまで親子で観て歌っています(笑)

みんなのうた「パプリカ」放送予定表

2018年の今はみんな小学生だけど、2020年には中学生になる子も出てくるので、声変わりとか大丈夫かな?というちょっとした心配も・・・。

良い方向に成長してくれるといいですね。

まとめ

いろいろ調べてはみましたが、タイトルの「パプリカ」の由来については詳しくは分からなかったです。

色合い?カラフルさ?元気さ?無邪気さ?

米津玄師さんのイメージするパプリカが分かれば、また楽しいかもしれないなと思います。