徒然

シャネルの香水おすすめ5選 1番褒められる香りは断然これ

 

 

10年以上シャネルの香水を愛用し続ける私が、おすすめのシャネルの香水をなるべく分かりやすく紹介してみます。

「アロマティック ウッディ」

「グリーンノートの香り」

「ホワイトフラワーの香り」

などなど。

そんなあやふやな言葉で説明されても全くわからんわ!

な方向け。

 

実際のお出かけで、

「いい香りだね」

と褒められた回数や、

「それどこの?」

って聞かれた回数でおすすめ度を判断しています。


【1位】アリュール(ALLURE)

アリュールは、もう、断トツ中の断トツで、これを付けて出かけると、お付き合いをしていた彼氏からも、可愛い同性の女友達からも、行きつけの美容師さんからも、

「いい香りがする」

「いつもいい香りつけてるよね」

と、かなりの高確率で毎回褒められていました。

お出かけ時に1度つけるだけで夜まで良い香りが続くのもいいところで、夜のデートでもよく褒められたっけ・・・。

さすが、シャネルの大人気香水!と感心したものです。

 

ただ、注意点としては、私自身はアリュールを付けていて、そこまで良い香りには感じなかったんですよね。
嫌いじゃないけど、普通くらいの好みというか。
だけど、周りからの評価がそれはもうかなりの高評価だったので、私としても褒められるとやっぱり嬉しいので、その結果、よく付けていたという裏話。

雰囲気が甘めで、上品な女性に似合うイメージです。

メリット・デメリット
  • 男性からも女性からも断トツに褒められる香り!
  • 付けている自分自身が好きな香りとは限らないかも?

【2位】ココマドモアゼル(COCO MADEMOISELLE)

ココマドモアゼルは、私自身が付けていて一番好きな香りでした。

いかにも女子向け!といった印象の甘い香りが本当にお気に入りで、20代の頃は毎日付けていたほど。

香水のボトルも、私はシャネルの香水の中で一番可愛いと思っています。

だけど、これは私の自己満足の部分が多くて、周りからの「いい香りだね」の評価も、勿論それなりにはあるものの、1位のアリュールほどではなかったんですよね。
褒められ度で言ったら断然アリュールです。

なので、自分が楽しんで気分を上げるために使うのならこれかな、という香水。

メリット・デメリット
  • 女子力重視!な女性にはぴったりで、若い年齢から多く好かれる香りかも
  • 「褒められ度」「香りの持続性」はアリュールより劣ります

【3位】チャンス(CHANCE)

これは「チャンス」の「オードゥトワレ」です。
チャンスにも「オードゥパルファム」はあるのですが、ここでは今現在私も愛用している「オードゥトワレ」を紹介しています。

「オードゥパルファム」は香りが長く続いてしっかり香る香水
「オードゥトワレ」はもう少し軽く、香りの持続性も短めの香水です

 

トワレのチャンスの香りは わりと早めになくなります。
だからこそ、お出かけ時にたっぷりと付けられる楽しさがあるから、これはこれで私は好きなんですけどね。

このチャンスは、

周りからの評価はそれなりにありつつ(アリュール未満だけど、ココマドモアゼルと同等くらい)香りが消えるのが早いという特徴があるので、

  • 甘い系の香りよりも、万人受けする香りを選びたい女性
  • 香水をつけ慣れていない女性

におすすめしたい香水です。

メリット・デメリット
  • 万人受けする香りなので、シャネルの香水を初めて購入する女性におすすめ
  • 夜まで香りが持たないので、物足りないと感じる人もいるかも

【4位】ブルー ドゥ シャネル(BLEU DE CHANEL)

こちらも「オードゥトワレ」を紹介しています。

男性用と言われてはいますが、女性からの指示も多く、私の中ではユニセックス(男女兼用)香水のポジション。

「トワレ」とは言え、シャネルが男性向けに出しているだけあって力強い香りが超時間続くので、付けすぎには注意が必要。

メイン使用は彼氏や旦那様で、たまに女性が拝借するくらいのペースで一緒に使うと楽しいよ。

ボトル自体もおしゃれでインテリアにとてもよく馴染む上、キャップの部分が磁石になっているので、開け閉めの際にカチカチと良い音がして、使うたびに気分が上がるところも私は好きでした。

メリット・デメリット
  • 好きな人と香りを共有出来る楽しさが味わえます
  • 男性用として作られた香りなので、力強さが気になる方は避けた方がいいかも

【5位】ガブリエル(GABRIELLE)

「ガブリエル」は2017年9月に発売された比較的新しいシャネルの香水。

「花の香り」というフレーズで説明されてはいますが、正直、私は得意ではない香りです。

香り自体が濃いというか、強い。
ワンプッシュするだけでも、ガツン!ときます。

更にその香りがシャネルの「N°5」に似ているので、苦手に思う方は多いのではないかと・・・。

「N°5」は分かりやすく言うと「授業参観の香り」で「いかにも香水!な香り」
そういう系の香りが苦手な人って、多いでしょ?

それなのになぜ私が5位に選んだのかと言われれば、理由は3つ。

  1. 「N°5」よりも現代向けの洗練された香りに仕上がっているから
  2. そういう重みのある香りを段々と受け入れられる年齢に、私がなってきたから
  3. 新作の香水だから
シャネルガブリエル

昔は私もこういう「いかにも香水」という香りは苦手だったのですが、10年以上シャネルの香水を使い続けてきたところ、その重みのある香りも「品がある香り」というふうに感じられるようになってきたんですよね。

そして、これは女性にしかわからない感覚かもしれませんが・・・

「コスメや香水は『新作』というだけで無条件に惹かれてしまう!」

という、なんか、そんなホルモンがあるんです、女には。

メリット・デメリット
  • 「新作」というフレーズが好きで「N°5」の良さがわかる30代以上の女性におすすめ
  • 初めての「シャネル香水」としてはガブリエルはおすすめしません!

シャネルのおすすめ香水まとめ

Point
  • 迷ったら1位のアリュール
  • 女子力命な方は2位のココマドモアゼル
  • 万人受け狙いなら3位のチャンス

あれこれ書きましたが、まとめるとこんな感じです。

そして個人的には、香水はデパートのコスメカウンターで買う派です。

【公式 CHANEL】

公式サイトで確認してもらうとわかると思うのですが、シャネルは香水の種類がめちゃくちゃ細かく分かれているので、公式以外の通販サイトでの購入はかなり難易度が高い!
ここで紹介した香水も、同じ名前で微妙に違う香水が何種類もあったりします。

その点コスメカウンターなら、相談しながら購入する事で買い間違いも防げるし、可愛くラッピングもしてもらえるし、おまけに化粧品のサンプルを貰えたりもするので、迷ったら是非、王道の購入方法で!

シャネル

 

▼コスメのラッピングを熱く語っているこんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください